舟券はどこで買えばいいの?

予想は競艇予想サイトを使って簡単に仕入れることができますが、勝負するためには「舟券」を買わなければいけません。競馬でいうところの馬券です。

そこで、競艇初心者の方のために、舟券の買い方についてまとめてみました。

最もオーソドックスな買い方は、「競艇場で購入する」です。

2019年12月現在、全国24ヶ所に競艇場がありますが、それぞれに「投票所」が設けられています。ここで買うことができるので、近くの競艇場に行って観戦する方はレース前に購入しておきましょう。

競艇場外発売場で購入する

「競艇場外発売場」でも舟券を購入することができます。

現在、この施設は全国69ヶ所に設置されており、場所によっては「ボートピア」「ミニボートピア」などとも呼ばれます。

鉄道駅の近く、繁華街の中、高速道路のIC内など、設置箇所はさまざま。利用者数が多く、アクセスしやすい場所に置かれているイメージがあります。

それから、競艇場によっては、外向発売所と称して場外に設置しているところもありますね。

朝早くから営業しており、全国の競艇場で開催されるレースの舟券を買うことができるので、出勤前のサラリーマンや近くに競艇場がない方が利用するケースがほとんどです。

場所によっては施設内にビデオモニターが設置されており、それでレースの行方を見守ることもできます。

テレボートを使って購入する

「調べてみたけど、近くに競艇場も競艇場外発売場もないわ」

「舟券を買うためだけに外に出るのはめんどくさいなぁ」

という方は、テレボートを使って買うのがオススメです。

テレボートとは、簡単に言えばネット上で舟券を購入できるサービスのことをいいます。

もちろん、スマホからでもパソコンからでもOKです。

しかし、利用するためには以下のような条件を満たしている必要があります。

①指定銀行の口座を持っていること

②テレボート会員になっていること

①については、「三井住友銀行」「りそな銀行」「ゆうちょ銀行」などが指定対象です。

指定銀行一覧については、「BOAT RACE ネット投票会員登録サイト」をご覧ください。

②については、同じく「BOAT RACE ネット投票会員登録サイト」から申込・登録ができます。

案内に沿って手順を踏んでいくだけであり、所要時間は5分程度。移動時間や休憩時間を使ってすぐに登録できるでしょう。

ちなみに、テレボートを使ってネット投票する場合は、予想が的中したとしてもすぐさま払戻金が口座に振り込まれるわけではありません。

自動精算が行われる22時頃まで待つか、すぐさまお金を引き出したい場合は「精算指示」をして手動で精算する必要があることを覚えておきましょう。


TOP