個人再生のリスクについて | どうしても返済できない借金は債務整理で免除・減額しましょう

個人再生のリスクについて

「個人再生のリスクについて」のイメージ画像

多額の借金を抱えている方がとる最終的な手段として「自己破産」があります。
自己破産はかなり有効な債務整理の手段で、大方の借金に対して効果を発揮します。抱えている借金をすべてゼロにしてしまえます。
しかしそれだけの効力を持つために払わなければならない対価も大きく、メリットと同じくらいデメリットも多いということで知られています。
したがって、債務者の多くは自己破産をなんとか回避するよう模索します。
自己破産は財産をうしなう恐れもあり、否が応でも生活の質を落とさざるを得なくなります。
できれば自己破産はしたくない…という人で、条件次第では可能になる債務整理の手段が「個人再生」です。
個人再生は自己破産よりは低リスクで、財産を残せるというメリットがあります。
任意整理と同じく、弁護士や司法書士に相談するところから始まりますが、最終的には裁判所を通します。
そのため若干費用がかかるというデメリットもあります。
また、個人再生が可能になる個人には条件があります。その条件というのは以下です。
・債務総額が5000万円以下(住宅ローンを除く)
・継続した収入がある
・給与所得者で、給与の変動が少ない
これら要素のいずれか一つでもかけている場合は個人再生ができないので注意が必要です。

また、個人再生は金融事故履歴扱いになります。
そのため、いわゆるブラックリスト入り免れることができません。
また官報にも掲載されるので注意です。