任意整理のリスクとは? | どうしても返済できない借金は債務整理で免除・減額しましょう

任意整理のリスクとは?

「任意整理のリスクとは?」のイメージ画像

過払い金請求は厳密にいえば債務整理とは少し異なりますが、借金への対処としてはもっともリスクの少ないものです。
リスクとしては、時間とお金が多少かかる、過払い金請求を行った業者からの借り入れがやや困難になるという程度です。
過払い金請求よりも少しリスクの高い債務整理の方法として、任意整理があります。
このページでは任意整理について詳しくお話していきたいと思います。

過払い金請求は厳密にいうと完済後の対処だったのにたいし、任意整理は今ある借金に対する対処法です。
自己破産、個人再生をしのいで、もっとも行う人が多い債務整理でもあります。
任意整理は、裁判所を介さずに司法書士や弁護士が代理で債権者に対して交渉を行います。
その交渉の内容は債務の量など細かい条件によっても違いますが、借金返済が可能な金額や、返済期間を決めるのが主です。
これによって将来的にかかる利息がカットされる可能性もあり、借金を減らす方法として有効です。

任意整理のメリットは裁判所を通さないためにあまり費用がかからないという点です。
また、官報に掲載されることもないため、第三者にしられるといったことがありません。
デメリットとしては、弁護士による交渉に債権者が応じない可能性があるということがあります。
交渉に応じなければならないという法的な根拠はないため、失敗の可能性があるということは覚えておきましょう。
また、これ以降5年程度は借り入れやカードの利用、ローンを組むといったことができなくなるので、その点も注意です。